stained glass of 株式会社AEA総合計画事務所

株式会社AEA総合計画事務所 〜建築設計・監理〜

ステンドグラスの風景

DSCN2734.jpg

子どもたちの想像力が湧いてくるといいな!

このステンドグラスは、みどりの森めばえ保育園にあります。

初めて来園した子供たちが、このステンドグラスを見て、「うわあー」と言って感動してましたよ、とお聞きしますと、設計者としては嬉しいことです。

私たちは、保育施設を設計する際、「子供たちの原風景」となりうるものを目指しています。
将来、大人になった時に、良い記憶として、ふと思い出すような、頭の片隅に残るような空間を。

「創造の源は記憶である」
これは、数々の名作映画を創った、黒澤明監督の言葉です。
幼少から色々と見聞きした記憶は、何かのきっかけで呼び覚まされ、昇華され、想像(イマジネーション)となり、創造(クリエーション)となるという意味です。

冬の夕方、このような夕焼けの光が差し込みます。
子どもたちの感性に良い影響となり、想像力豊かに育ってくれるといいなと思っています。


P3290203.jpgステンドグラスの色を楽しむ
住宅においても、日常生活の中で絵画を飾るのと同様な楽しみとして、ステンドグラスのある暮らしは良いものです。
教会にあるような大きなステンドグラスでは、高価なものとなってしまいますが、ちょっとした小窓に設置するだけならば、費用としても検討できるかもしれません。何より心が豊かな気持ちになります。

こちらのお宅のステンドグラスは、通風を得るためもあり、木製建具としてアルミサッシの内側に設置しました。ステンドグラスは開き戸として開け、外側のサッシの開き戸を開けることが出来ます。


DSC08196.jpg壁に映る光を楽しむ
ステンドグラスそのものだけでなく、壁に映る光も綺麗ですよ!
季節や時間によって、壁に映り込む光の色や大きさが変化するので、子どもだけでなく大人も楽しめるのではないでしょうか。

こちらのお宅では、玄関ホールの吹き抜け上部に設置しました。開閉のない固定された窓です。
約70センチの大きさの丸窓からの光が壁に移りゆく様は、威風堂々です。

ステンドグラスのある暮らしはいかがでしょうか?